FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スコットランドより帰国☆エオリアンハープ


スコットランド(とロンドンも少し)より帰国しています。
今回はいろいろありましたが~

あっ、スコットランドでの独立かどうかの論争で大変なことになっている
と日本では大袈裟に報道されていたようですが、実際のところ、
全くそんなことは無かったです。(少なくともエジンバラは)
あまりにも静かすぎて、私のほうが「本当に選挙あるんか?」と疑ってしまうほど。

たまーに、窓に「YES!」とか「No,thanks」の文字が貼ってあるのを
見たくらいでしたよ。 いやぁ、メディアの報道って偏りすぎているなと感じました。

独立には結局至らなかったですね。でも意外に賛成票が多くて驚きました。


さて、今回もエジンバラ滞在中に植物園に行って来ました。 
去年も訪れていたのですが、今回はどうしても見ておきたかったのがありまして・・

じゃーん。

0928.jpg

さて何でしょう?

おおっ、良く見ると、中にハープらしきものが!?

「ハープが牢屋に閉じ込められている!?(実際に扉は閉ざされています)」
なんて図ではなく、

実はこれ、「エオリアンハープ」と呼ばれていて風だけで鳴るようにしてある
ハープなんです。 なので実際の弦のテンションはかなーりユルユルです。

残念ながら、この日は風が全然吹いておらず、ハープは無言でした。

このハープですが、制作者が私のハープの職人さんということで、どうしても
完成形を見ておきたかった。
去年職人さんの工房に遊びに行った時には、まだこれは制作途中だったのです。
しかも、ハープのみならず、ハープを囲っている建物から全て同じ職人さんが
設計&制作しているのですよ。 すごすぎる。

ハープの形は、私の愛用しているケルティックハープと全く同じなので
なんだかとても嬉しいです。

0928_1.jpg

檻に入っているので、写真が撮りにくい・・・

0928_2.jpg

とても印象的な木目ですね。 美しい~
この木はWhcy Elm。 「ニレ」の木だそうです。 ニレ製ハープは初めて見ました。

こんな素敵なハープですが、よくよく考えると、天気がそんなによろしくない
スコットランドの屋外にずっと今後も置かれたままなのか・・と想像すると
ハープ・・・だっ大丈夫かな??って心配してしまいます。 雨風当たるでしょうに。

そのへんがワイルドというか、大雑把というか・・


園内は広大で、リスがたくさんいました。

0928_3.jpg

このリスはちょっと挑発的。


またぼちぼちブログ記事更新していきますね~

秋はライブが比較的多くなるので、詳細情報の記事も近日アップします。

では!




スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。